動画制作会社が提供しているプランやサービス

ハイテクプランやプレミアムプランであなたに合った動画制作を

印象に残る動画とは

現在はインターネット上で動画の利用率が高まっているため、数多くの動画が放映されています。他の企業と差別化を図るために、これまで以上に印象に残る動画を作る必要があります。特に動画を再生して最初の5秒でインパクトがある動画は、記憶に残りやすいです。

動画制作時におさえておきたいポイントランキング

no.1

情報量は少なく!短い動画に仕上げるコツ

最も大切なことは情報量を絞って、短い動画に仕上げることです。長過ぎる動画は最後まで見て貰いにくいため、避けた方が良いでしょう。情報量が多いと長くなりがちなので、注意してください。

no.2

動画は最初の5秒が肝心!

どのような動画を作る場合でも、オープニングが重要なポイントとなります。視聴者を引き付けるような内容にして、何を説明する動画なのか5秒で概要を伝えることが大切です。

no.3

ストーリー性を持たせましょう

視聴者を引き付けるために、ストーリー性を持たせることがポイントです。恋愛・コメディー・感動作など、1つのテーマを決めてストーリーを考えると良いかもしれません。

no.4

エフェクトの乱用に要注意!

意外と忘れがちですが、エフェクトを使い過ぎるのは禁物です。クオリティの高さを見せられるものの、内容が伝わりにくくなるケースもあります。特に高齢者をターゲットにしている場合は、シンプルに仕上げることが大切です。

no.5

音楽もこだわってください

音楽はストーリーに深みを持たせるので、視聴者を引き付けやすくなります。ストーリーに合った音楽を選び、複数の曲を使い過ぎないことがポイントです。1~2曲程度に絞った方が印象に残りやすいでしょう。

動画制作会社が提供しているプランやサービス

メンズとレディ

制作会社との打ち合わせ内容について

制作会社との打ち合わせでは依頼者側の要望を伝え、実際にどのような流れの動画を作るかスタッフと相談します。打ち合わせの後に制作会社が本格的に企画してくれるため、打ち合わせは1~3回程度行われることが多いです。流れが決まれば撮影方法・撮影場所・出演者といった、細かい部分も自然と決まるでしょう。大まかな内容が決定次第、スケジュールや予算を打ち合わせ段階で確認するのが一般的です。

動画制作会社のさまざまなプラン内容

最もスタンダードなプランとして、「実写タイプ」と「アニメーションタイプ」が挙げられます。実際に出演者を用意する実写と、イラストレーターが作るアニメーションでは印象が大きく異なります。さらにハイクオリティな作品を求める人にはCGやエフェクトを使った「プレミアムプラン」や、最新技術となる3DCGを使った「ハイテクプラン」が最適です。

動画制作会社が提供しているその他のサービス

逆にリーズナブルな価格を重視する人向けのサービスも展開されています。一般的に動画制作は短いものであっても、打ち合わせから納品まで1~3ヶ月はかかるものです。しかし、1週間程度で完成させる「スピードサービス」を利用すれば、費用を大幅に抑えることができます。完成が早いほど人件費がかからないため、安くなるという仕組みです。

広告募集中