動画制作を依頼した場合の費用相場と業者のアフターフォロー

コマーシャル程度の動画制作は100万円以内でできる

アプローチ力のある動画広告

効果的な宣伝広告を行いたいというときに役立つのが動画広告です。自ら動いてユーザーの目線を奪うことができるアプローチ力があるのが動画の魅力となります。

動画制作時に注意したい事ランキング

no.1

使用場面を考えて制作

動画制作をする上では使用場面をよく考えてから制作を始めることが必要です。サイズや仕様を決める上でどこに広告を載せる予定で制作するのかはまず決めなければなりません。

no.2

ターゲットに合わせた制作が必要

動画制作はウェブや動画サイトを利用してターゲットを絞りこめるのが特徴です。そのターゲットが魅力を感じて見入ってくれるように仕上げる必要があります。

no.3

費用対効果の高い方法で制作

動画制作を行う上では費用対効果の考慮が欠かせません。制作費用が高い業者に依頼すれば秀逸な動画ができるというわけではないので業者比較を行うことは必須です。

動画制作を依頼した場合の費用相場と業者のアフターフォロー

ビデオカメラ

動画の活用シーン

宣伝広告の媒体とするのは動画の活用シーンとして最も多いものです。新商品やサービスの販促だけでなく、企業イメージを宣伝する目的や企業説明会の資料とする目的でも利用されています。また、起業の際には資金獲得のためのプレゼンテーションを効果的に行うために、ツールとして動画の活用が進められているのが現状です。

動画制作の費用相場

動画制作にかかる費用は動画の長さや大きさ、音声の有無や素材作成の必要性などによって大きく左右されます。基本的な素材を用意してコマーシャル程度の動画制作を依頼するときの相場は50万円から100万円程度です。ただ、費用相場は時々刻々と変化している状況があります。価格競争が進められている影響で相場が低下する傾向があるのが実情です。逆にサービスを向上させることで相場以上の価格を打ち出している業者も多くなってきています。

納品後のアフターフォロー

動画制作を業者に依頼すると、契約時に定めた内容に一致していて納得できるものになっていることを確認した上で納品を受けます。しかし、業者によってはその後の運用のアフターフォローもサービスとして実施しているため、業者選びをするときには合わせて検討することが大切です。契約時にはその内容についても確認するのが重要となっています。

広告募集中